道産たら子

北海道たら子

|北海道産たら子への入久のこだわり

「たらこ」とはスケトウダラの卵巣を塩蔵したものをいいますが、現在の一般的なたらこの原料はほとんどはアラスカ、ロシアで底引き網で漁獲され、船上で採卵して冷凍されたものがほとんどです。入久の「北海道産たらこ」 は鮮度にこだわり、北海道噴火湾で刺し網漁法捕獲したスケトウダラをその日のうちに処理して成熟卵の一番状態の成熟した真子を取り出します。そのままミネ ラル豊富な海水天日塩で作った特性の調味液に伝統の製法で漬け込んでいきます。その調味液もできる限り着色料を抑えていますので、入久のタラコは他 のメーカさんのたらこより赤みが薄く、ピンクいろになっています。
また、たらこを鮮度抜群の状態で漬け込むために極めて口当たり、風味、色合いが冷凍たらこの漬け込みよりは格段にいい状態で仕上がります。6時間漬け込んだ「たらこ」を鮮度のいいうちに急速冷凍にてその場で保存します。

 

|伝統の小樽製法

入 久のたらこの漬け込みは伝統的な小樽製法によります。小樽製法とは伝統的に小樽で行われていたたらこ製造法で他の産地より漬け込みを水分量すくなくして身 の締りがしっかりした状態に仕上げます。ビッショと調味液に濡れた状態ではなく固めでキッりと立つような感じです。たらこの粒が一粒一粒舌で確認できる状 態を良とします。歩留まり的には少し他の産地と比較して不利になりますが、しっかりしたタラコの食感を大切にしたいと考えています。今ではこの小樽製法を 守って作り続けている作り手は入久と数社となってしまいました。

 

ご自宅に届きましたら冷蔵庫で解凍し炊きたてのご飯に乗せてそのまま状態で食べていただくことが最高の贅沢になります。
ご贈答にも先様に喜んでいただける商品として喜んでいただいております。
北海道産のたらこは近年品薄になり毎年原料の調達に苦労していますが
皆様に日本人の喜びをお届けするべく努力を重ねていきます。

  • 製造:北海道小樽入久
  • 主原料:噴火湾及び白老沖のスケトウタラコ
  • 他原料:食塩(海水天日塩)・調味料(アミノ酸等)・甘味料(甘草・ステビア)・発色剤(亜硝酸N)・着色料(赤102・赤3・黄5)
    酸化防止剤(ビタミンC)・ナイアシン
  • お届け:冷凍便
  • 規 格:300g・500g・700g・800g*1Kg*2kg
  • 塩分:4.5%以下
  • 保存方法:要冷凍
  • 賞味期間:1年間(尚、産直対応の場合は発送日より60日間)
  • 発送温度:クール冷凍
  • 産直対応:可(ヤマト便)

 

入久たら子パッケージ

たら子入久

 
 
 
 

 

 


(入久のタラコ製造工程)

・スケトウタラの仕入れ(12月~2月・噴火湾刺し網漁)

 

スケトウダラ水揚げ

 

 

 

 

 

買い付けたスケトウタラ

買い付けたスケトウタラ

 

 

 

 

 

 

 

 

・タラコの腹出し

生の状態で素早く処理します。

タラコの腹出し

タラコの腹出し

 

 

 

 

 

 

 

 

いい真子(成熟卵が取れました)。若くても完熟が進んでもよくありません。

状態のいい真子

状態のいい成熟した真子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・真子(成熟卵)の洗浄

・水切り

・調整調味液・混合

・塩漬け

・洗浄

・成形・水切り

・熟成(-1度)

熟成後のタラコ

熟成後のタラコ

 

・選別

タラコ選別作業

タラコ選別作業

・軽量・包装

・金属探知機チェック

・保冷(-1度)

・出荷(冷凍)