筋子

筋子

シロザケノの

腹子を

そのまま塩漬け

 

 

 

 

|筋子

一 般的には鮭の卵巣をそのまま塩蔵したものをさします。筋に卵が連なっていることから付いた名前です。シロザケの秋に漁獲せれたものがその原料の主役です が、紅鮭、樺太鱒からも製造されており、それぞれ紅子、鱒子と呼ばれています。味付けは塩漬けがほとんどですが、醤油や粕などにも漬けたりします。あまり 関西方面や西の地域では馴染みのない食材かもしれません。北海道や東北ではご飯のお供に欠かせないものでした。最近は嫌塩の影響でその役割をいくらの醤油 漬けに奪われ気味です。しかしシロザケノの上質の卵から作られた熟成筋子は格別な味わいがあり、塩に慣れて熟成した筋子はイクラの醤油漬けでは味わえない日本の味の深みを感じま す。シンプルな味付けにこそ色々手を加えたものよりそのものが持つ味の強さを感じます。温かいご飯にこの上なく相性が良く、日本人で良かった思う瞬間です。