山わさび(セイヨウワサビ)

山わさび

 

 

 

 

西洋名:ホースラディッシュ。和名はセイヨウワサビで、北海道では山わさびとよばれています。原産地は東ヨーロッパで明治時代に食用と輸入された。現在、北海道では野生化していて、薬味として広く使われている。イカの刺身などに相性がすごく合います。北海道の寿司屋さんなどではスリおろしたものをそのまま巻いて爆弾巻きとして人気があります。
辛さが本わさびの1.5倍有り、鼻に抜けるような強烈な刺激がたまらなく、クセになります。ローストビーフの薬味でよく利用されていて粉わさびや練わさびの原料などにも成ります。
本わさびが清流などで栽培されるのとは違って、山わさびはアブラナ科で畑で栽培されています。

山わさびは鼻にツーンとする辛さが特徴ですが、その辛味成分は解毒作用、抗ガン効果、食欲増進効果、消臭効果、老化防止、など体に良いことばかりで、健康食品としても注目されています。