刺し網漁(スケトウダラ)

スケトウダラは刺し網漁で漁獲されます。
刺し網漁とは目的とする魚の進行方向に網を仕掛けて網の目に魚の頭やエラを突っ込ませて差し込ませるように捕獲する漁法である。網の目の大きさによって狙う魚の種類や大きさをある程度限定できるため行き過ぎた乱獲を防げるメリットがある。
イワシやサンマ、鯖など同じサイズの魚が集団で行動する魚種などで網の目の大きさを調整して漁獲する。
北海道のスケトウダラは網を水底に固定する底刺し網で漁獲されます。

スケトウダラ底刺し網漁