スケトウダラ

suketoudaraスケトウダラはタラ目タラ科の魚で成体で60~70cm位の大きさになります。 細長い体で目と口は大きく、下顎が上顎より前に出ています。朝鮮半島東岸から、日本海、オホーツク海、ベーリング海、カリフォルニア南部、日本沿岸では山口県、千葉県から北に幅い広く生息します。一時期は日本一の漁獲を誇っていたが200海里問題や資源の現象で大幅に漁獲量は減っている。それでも北海道では第2位の漁獲量があり重要な資源となっています。棲息スケトウダラ(介党鱈)ともスケソウダラ(助宗鱈)と書きますが朝鮮半島では明太魚と言われています。

夏場は北太平洋を回遊していますが、冬になると産卵のために北海道近海に集まってきます。漁期は11月から3月で北海道では刺し網漁法と延縄漁猟によって漁獲されています。産卵場は津軽海峡を除く北海道周辺の沿岸から沖合一帯です。産卵期は 12~4月で1~2月が盛期です。1尾の雌が約1ヵ月にわたり数日おきに複数回に分けて卵を産むため、群れとしての産卵期は4ヵ月と長期にわたります。成 魚ではオキアミ類などのプランクトンのほか、魚類、イカ類なども捕食します。親が子どもを食べる「共食い」の習性ももちます。漁場は檜山近辺の日本海、噴火湾の太平洋岸、オホーツク及び根室海峡近辺になります。以前はスケトウダラ全体は北洋を含めて日本一の漁獲量を誇っていましたが、200海里問題や資源の減少で大幅にその量を落としています。北海道ではかって170万tあった漁獲が1、2万tレベルになっています。

魚体は地方によっては煮付けなどで食されています。生食では寄生虫(アニサキス)がいるため不向きです。その身は主に竹輪やかまぼこなどのすり身に利用されて、全ての日本人は知らないうちに食しています。卵巣はタラコとして塩漬けにして食されます。辛子明太子は塩タラコを辛子の調味液に漬けたたものです。

よく同じタラ科の真鱈と混同されますが、真鱈は体長が1.2mの大きさになり、全く違う魚になります。真鱈はその身も蛋白で美味しく鍋などに利用されて東北北海道でお馴染みです。その卵巣は同じタラコでもスケコよりはかなり大きく、煮付けなどで東北・北海道で食べられています。精巣(白子)は冬場酒の肴に生食や鍋などの用いられ、「タチ」という名前で女性にも大人気です。尚、棒鱈は真鱈を乾燥させたものになり昔は長期保存食として海から遠い地方で重宝されました。